スポンサーサイト
--.--.--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ノラ居候日記 ~1日目~
2008.07.23(Wed)
こらのらさん夫妻が日本に帰国する1週間、ノラを預かることになった。

先日のお見合いの感じでは大丈夫そうだったので
いけるかな、と思ったのだけど。

実はこの前大丈夫だったのは、こらのらさん夫妻が一緒だったからなのだった。
そりゃそうだよな・・・。ちょっと考えればわかることだったのに。
ごめんよ、ノラ。ノラだって本当は怖かったんだよね。

こらのらさん夫婦が帰っていく様子を伺っていたノラ。
自分だけ残された!とわかった瞬間、
前回引きこもっていた冬用テントにダッシュ!

resize0758.jpg

目の真ん丸さが緊張感を物語ってます・・。
そしてその緊張感に追い討ちをかける、我が家の暴れん坊将軍、小鉄。

resize0759.jpg

まぁ~!なんて憎らしい顔!!
しかも、ノラはなーんにも言わず、大人しくテントに収まってるっていうのに。

resize0760.jpg

見張ってるし(笑)。

そして、その後。
なんと、小鉄は手を出したのだった!
あぁ、なんてことなの、人様のお嬢さんに向かって・・・。

これにはさすがのノラも反撃。猫パンチ2,3発と、「シャーッ」の応酬。
基本、猫の喧嘩は猫同士、と思っているのだけど、見ていたらはらはらして、
こりゃ、1週間預かるというのは無理だったのでは?
と、ちょっと不安がもたげてきたのだった。

取っ組み合いになったら止めよう、と身構えていると
意外とあっさり二人は離れた。
さっきの猫パンチも挨拶程度みたいだ。

ふーっ。第1ラウンド終了~。手に汗握るぜ。

この後、だんだん落ち着きを取り戻してきたノラは
シャーシャー言いながら後をついてくる小鉄を尻目におウチ探検。
その後は「シャー」もなく、パンチもなく、
ただ小鉄の「シャー」だけがアパート内にむなしく響いたのだった。

・・・・そしてやっぱり葵姐さんはまったくノラの存在に動じていなかった。

resize0764.jpg

うん。このぶんなら大丈夫かな。
小鉄、もっとでっかいオトコになれよ。

Comment












管理者にだけ表示を許可する

TrackBack
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。