スポンサーサイト
--.--.--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
血液検査結果
2008.04.24(Thu)
病院から、血液検査の結果が出た、と連絡が来た。
なかなか親切な病院である。

まずは葵の持病、甲状腺。
T4の値は2.5。 (正常値範囲0.8~4.0)

前回は0.9だったから、ちょっとあがってるように思えるけど、
先生は「Perfect!」と言っていた。2.0~3.0が理想的だって。
よかったよ~。

そして、気になるのが腎臓。
年をとると腎臓の数値が悪くなってくるのは避けられない。
前回はちょっと悪くなってきてたから、今回それがどのくらい進んだのか、
正直言うと、甲状腺より腎臓の方が怖かった。

すると。

「腎臓はねぇ、Minor damage・・・っていうかさ、むしろ、前回より良くなってるんだよ。」

・・・ミラクル

腎臓は使えば使うだけネフロンという「ろ過機能」が壊れていき、
一旦壊れたネフロンは再生しないので、
壊れた分のお仕事は残ったネフロンが補おうとするため
超過勤務になり、結果壊れていく速度に拍車がかかる・・・という臓器なのだ。
だから、腎臓の寿命=猫の寿命とも言われる。

再生しないって、怖くない?
最初から与えられている約20万のネフロンをどうやって維持するか。
っていうか、絶対壊れてはいくので、どれだけ壊れていく速度を遅くするか、
が勝負なのである。しょっぱいもの、人間の食べ物がダメ、ってよく言うのは、
腎臓に負担をかけてしまうから。負担をかけるとネフロンが壊れる。

そういったことを踏まえて、前回の血液検査の後に私が試したことといえば。

1.腎臓のデトックス。ご飯にシュッってタイプのもの。
2.コバルジン。日本から取り寄せたんだけど、これは結局1週間ほどで
やめてしまった。葵は一度にたくさんご飯を食べないので、30分以内に摂取、
ということができなかった。
3.小鉄のついでにProbiotics。便通がよくなった。
4.水の摂取が少しでも多くなるよう、ご飯にスプーン1~2杯分、お湯を追加。

くらいかなぁ。ご飯も、療法食のk/dをあげてみたんだけど、食べなかったから
普通にNatural BalanceのVenison(鹿肉)&Green Peasをあげている。
で、たまにWellnessのChicken & Herringね。

プラス、どうせ短い人生だ、好きなものを食え!というスタンスに立ち、
だ~い好きなカツオ節、本当はいけないんだろうけど、ほぼ毎日あげて。

なのに、よくなってる??
えーと・・・。
まぁ、よかったよかった!
きっと1~4のどれかが効いたんでしょう。

小鉄によるストレスはいかほどか?という心配もあったのだけど
その他の検査すべて正常値。前回気になった貧血もなくなっていた。
はっということは。
もしかすると、正解は・・・・

5.小鉄と同居し始めた。

なのでは!?(そんなわけないか・・・)

ふふふ。最低24歳まで生きてもらおうという私の野望もまんざら夢ではないな。
あおちゃん、頑張って二人でTVに出ようね~。←俗物

resize0573.jpg

歯もほとんど全部残ってますから。

Comment
このコメントは管理人のみ閲覧できます
.. .. 2008/04/27 Sun 12:43 [ Edit ]
e-141チャチャママさん
きっとそう言うと思ってたよ~。
前からうすうす感じていたのだけど、チャチャママさんは私以上に「親ばか」なの(笑)
きゃむ .. .. 2008/04/29 Tue 00:23 [ Edit ]












管理者にだけ表示を許可する

TrackBack
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。