スポンサーサイト
--.--.--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
さらば、小鉄のまりも。
2008.03.07(Fri)
朝、7時30分過ぎ。
ダンナと私と小鉄はブルックリンを出て、マンハッタンの病院に向かう。
寒かったのか、びっくりしてたのか、電車の中、小鉄はやけに大人しかった。

病院に着くとまず、書類にサインをした。
「麻酔が必要になるけど、麻酔中、何か起こるかもしれない。
そこんとこ同意した上で、何か起こったとしても訴えないでね」
という趣旨の書類だ(要約)。

急に不安になって、受付のおばさんに
「ね、去勢手術って、安全よね、ね??」と聞くと、
「Procedureはよくわからないけどね、彼女はとにかくクイックなのよ!」
と、ニコニコ笑いながら、返事にも自慢にもなってないようなことを言う。

大丈夫かいな。頼みますよ、うちのお坊ちゃん。

会社に行ったものの、どうにも気になってしょうがない。
初めて一人で病院だ。平気かな。寂しがっていないかな。
そんな感じで皆に「宅の小鉄が本日、去勢なのですよ~」と言いまくる。

・・・・・アホや。

やけに長~く感じた就業時間、仕事帰り、猛ダッシュで病院に向かった。
小鉄や、小鉄、きゃむはここですよ!と、感動のご対面かと思ったら。

また鼻先に書類を突き出されてしまった。
今度は「Discharging Instruction」。
読んで、と言われて、ハイ、と素直に読み始める。

なになに、小鉄の手術は問題なく終わりました。麻酔からも順調に目覚めて・・・
えっと、まだ陰嚢(いんのう)から何か出てくるかもしれないから
家具には気をつけて・・・
もし陰嚢から血が数滴以上出てきたり、陰嚢が腫れたら連絡して・・・

ふむふむ。
なるほどね。
つまり・・・・・陰嚢=scrotumということだな、うん。勉強になります。

そしてやっと小鉄がケージに入れられてやって来た。
「まだ麻酔が少し残ってるかもしれないから気をつけてあげてね」
と、黒人のアシスタントのお兄さんに言われる。
「エリザベスカラー、つけなくていいの?」と聞くと、
「それはメスだけだよ。オスはね、切るだけだから」
あっはっはー、と手でちょっきんポーズ
そっかー、はははっ・・・――って、笑えないから!!
おお、小鉄かわいそうに。ちょっきんされたのか・・・。不憫な子じゃ。

とにかく急いで家に帰ってじっくりみると。
小鉄の、かわいいグレーのまりもニヶは綺麗になくなっていた。
あぁ~、もうプニプニ出来ないのね。
家に帰ってすっかり元気を取り戻し、飛び跳ねている小鉄を見ながら、
どど~んと落ち込んでいるのは私の方であった・・・。

アリし日の小鉄resize0460.jpg


resize0466.jpg
お疲れさま。

*去勢後の写真もアップしようかと思ったけど、小鉄(及びきゃむ)のプライドに
 かかわるので(?)、載せないことにします~。
Comment
大丈夫だったか気になって来てみたの。。コテツ、お疲れさんだったねー。ひとつ大人になったんじゃない?
これからは大人しくなって、アオちゃんと仲良く、今まで以上に楽しい日々がおくれるといいねー。
NJの奥さん .. .. 2008/03/09 Sun 12:30 [ Edit ]
e-141NJの奥さま
ありがとう。私もそれを願っているのだけど、病院の先生曰く、“徐々に”大人しくなるそうなので、もうちょっとあおちゃんには我慢してもらうことになりそう。でも、あの小さな体で、ほんとによく頑張ったよ!
きゃむ .. .. 2008/03/10 Mon 23:27 [ Edit ]












管理者にだけ表示を許可する

TrackBack
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。