スポンサーサイト
--.--.--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
初七日。
2009.04.30(Thu)
resize0888.jpg

一週間はあっという間。
最初の数日はご飯が喉を通らなかった。
だけど、どんなにつらくても動き続ける日常があって。

タイちゃんにおっぱいをあげなきゃならないし、おむつも換えなきゃいけない。
そして小鉄はなぜか肉球から出血。
おまけにモップの先の紐の部分を10cmくらい食べちゃったり。

そんなこんなで忙しくしていたら
もう一週間。

「どうして?なんで?何がいけなかったの??」っていう問いかけが
頭の中をぐるぐるしていたけど
死因とか考えたところで葵は戻って来ないんだ。
・・・・・だから、考えるのは、やめた。

そしたら次には
「葵は幸せだったろうか。苦しくなかったろうか」っていう疑問が
頭の中をぐるぐる。
すると、母が
「自分の寝床で最期を迎えるっていうのは本当の大往生だよ。
しかも、皆部屋にいて、大好きな皆の声を聞きながらでしょ。
葵は幸せ者だよ」って言ってくれた。

そう信じることにした。
何を考えてももう戻らないなら、せめてにこやかに送り出したい。

病院からカードが届いて、そこに「Rainbow Bridge」のストーリーが載っていた。
全文を読むのは初めてだったけれど。
死後の世界なんかどうなのかわからないけれど。
そうだといいな、と思う。
いつの日が私の番が来た時に、紫と葵が迎えてくれる。
そうだといい。そう信じて。

たくさんの人にお悔やみの言葉をいただきました。
こらのらさんからは素敵な花束まで。
葵は本当に幸せ者です。いろんな人に可愛がられて。
皆さん、ありがとう。

今も、ふとした瞬間に涙が溢れてしまうけど
部屋のあちこちに葵の残像が見え隠れするけど
私にはまだ守らなきゃいけない命がある。

だから、少しずつ、前に進もうと思う。

それでいいよね、あおちゃん。
ずーっと、ずーっと、大好きだよ!

Comment
このコメントは管理人のみ閲覧できます
.. .. 2009/05/02 Sat 08:10 [ Edit ]












管理者にだけ表示を許可する

TrackBack
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。