スポンサーサイト
--.--.--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
生粋アビシニアン VS. なんちゃってロシアンブルー
2011.05.06(Fri)
お隣りに、新しい住人が引っ越してきた。
ちょっと年配のおじ様。

しばらく経ったある日、リサが
「ねぇ、あそこの家の窓際に猫がいたんだけど。ちょっと変わった毛色の。」
と言い出した。
えー、猫??私は見たことないけど・・・と言ってた矢先。

こ、これは!!
この麗しいお姿!
アビシニアンちゃんでは!!

そして先日。
外でカーラ(リサの猫)と小鉄を遊ばせていたら。
おじ様がこの話題のアビシニアンちゃんを抱いて出てきたざます!!

頭小さいし、体つきはしなやかだし。
とにかくお美しいお坊ちゃんで。
しかも。
おじ様、2匹、兄弟でアビシニアンを飼ってるんですね。
大人しく抱っこされ、皆と顔合わせをして戻って行きました。
すでに小鉄くんには到底できない芸当です。
抱っこなんてしようものなら。
「離せよぅ。オレ様、自分の足で歩くんだい!!」
と体を無理やり捻り、よじって飛び降りる小鉄くん。

でも、お互い気になるらしく。

resize1604.jpg

外に出ると、一応確認。

resize1605.jpg

何もされてないのに(鳴かれてもいない)「シャーッ」とひと声あげ
そそくさと家に戻る、チキン小鉄。

2対1ですが、たぶん1対1でも同様の反応ではないかと。

・・・弱すぎ。

こうしてまた外遊びのスリルと楽しみが増した小鉄だった。
あんまりからかうなよ~。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。