スポンサーサイト
--.--.--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
リサと小鉄
2010.09.03(Fri)
【リサ(li・sa)】
ご近所に住んでいる、キャリーという猫の飼い主。

「ねぇねぇ!!コテツがスタンプになってたのよ!」
ある日、お散歩から帰ってくるとリサが慌てて飛び出してきた。

「見て見て。ね、コテツ。これ、あげるわ。」

kotetsu!?

―――えーっと。
ロ、ロシアンブルーかな??

また、別の日。

「ねぇねぇ!コテツが映画に出てるのよ!」
やっぱりお散歩から帰ってくると、リサが嬉しそうに駆け寄ってきた。

―――えーっと。
Cats & Dogs のことかな?
「それがね、見た目だけじゃなくて話し方とかもコテツにそっくりで・・・。」
ん!?しゃべるのか、小鉄!?いつの間に!!

リサは人の名前を覚えるのに難あり、と自分でも公言していた。
それを、しかも日本語の「コテツ」という名前を覚えるのには相当な努力がいったようだ。
初めのころは「コーディ」とか「ロミオ」などとあだ名をつけて呼んでいたんだけど
もちろん小鉄にしてみれば
「それ誰じゃ」って話で。
まったく反応しないとなると呼ぶ意味も無く。
「名前、なんだっけ??」と当初は会うたびに聞かれていた気がする。
(ちなみに出会って2年近く、たぶん彼女は私の名前を覚えてない 泣)

その甲斐あってか、最近は。

「Psss Psss コテツ!」
と窓の外から小声で呼びかけたり。
(あまりこの辺りでは見かけないカラスがいたのでコテツに見せたかったらしい)
「コテツ!!Come Here!」と戦いを挑んでみたり。

実に楽しそうに触れ合っている。

が、小鉄のほうは。
そんなに好かれているにも関わらず、リサにはよく「シャー!」をする。
ばかりか、突然追いかけて猫パンチをしてみる。
ある日なんか、ドアの開いていたリサの家に侵入し、
パソコンをいじっていたリサが振り向いた途端「シャー!!!!」

「ここは誰の家だと思ってるの!!」
と、また喧嘩していた・・・。

うーん、キャリーの臭いがするからかな??

「あら、私とこの猫ちゃんはSo farいい関係よ」
言い放ったのはご近所さんのリトゥ。
実際、小鉄は彼女を見かけると目を細めて近づいてナデナデされている。
それを見るリサの悔しそうな顔って・・・おいおい、放送禁止だよ、すでに。

どうしても仲良くしてくれないコテツに業を煮やしたのか。

「ねぇ。コテツはどんなTreatを食べてるの?買うから教えて」
ううっ。そうまでして・・・リサ・・・。コテツごときに・・・。
「もう私たちがうまくいく方法はこれしかないのよ・・・。」

そうなのか!?小鉄。他にないのか??

しかし。
後日、リサが自分の朝食用に買ってきたベーグルのバターを少し小鉄にあげると。
小鉄はそれをきれーいに舐めとった後。

「シャー!!!!」と叫んで立ち去ったそうな。

ツワモノだな、小鉄よ。この作戦も駄目そうだな。

resize1476.jpg

だけど、肩を落としているリサを見ると
も少し愛想よくしてあげて欲しい、飼い主であった。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。