スポンサーサイト
--.--.--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
す、すずめをパクッとな・・・
2010.05.04(Tue)
それは一瞬の出来事だったのだ。

家族でお出かけの週末。
いつも通り、ドアを開けると真っ先に外出するのは小鉄くん。
すると。

「うわ~!こてつぅ~!!」というダンナさんの悲痛な叫びが
なんじゃなんじゃ、と慌てて表に出ると。

すずめと小鉄の夢のツーショットが!
えと、ショックのあまりその光景をあまり覚えていないのだけど
ダンナさん曰く
「すずめをパクッとくわえてね」
なぁーぬぃ~!!
「そいで、逃げようとしたすずめをバシッと叩き落してね」
なんだと~!!!

や~め~れぇ~・・・・。

その後はタイちゃんを抱っこしていて身動きの取れないダンナさんに代わり
不肖、わたくしめが。

よろよろ低空飛行で逃げ続けるすずめを追いかける、
野生児小鉄を必死に制したのであります。

取り押さえて家の中に放りこむまでの間
大人しく抱っこされていた小鉄の小さな心臓はバックバク
たぶんここ最近における一番の興奮な出来事だったに違いない。

すすめさん、本当にごめん・・・。
パクッとしたものの頭は振ってなかったようだし、
叩き落したってことは爪も出してないはず。
よろよろしながらも飛べていたし、
その後チェックした時も歩いてたから大丈夫だと信じたいけど。
致命傷でないことを祈ります~・・。

しかしですね。
実はこの一件で一番びっくりしてたのはどうやら小鉄。
「パクッとしたら本当にパクッとしてしまったんですよぅ」って感じで
よろよろのすずめに追いつきながらも
「小鉄!小鉄!!」と止めたら
「な、なに!?」って振り向いてすずめから注意がそがれてたし、
その後抱き上げてもまったく抵抗するそぶり無かったし。
家の中に入ってもまん丸な目をしたままそこにぼーっと佇んでました。

いやはや、一大イベントだったね、小鉄。
もう今後はこのような野性味に満ちた行動はできれば控えてくだされ。
ほんとうに。お願い・・・。

resize1320.jpg
いやー、すごい体験で。

resize1319.jpg
おいら、休憩しますので。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。