スポンサーサイト
--.--.--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Petcoの駐車場で。
2009.05.29(Fri)
いつも目にするたびに微笑んでしまう、
Petcoの駐車場にある看板。

resize0955.jpg

resize0954.jpg

はて、犬へのメッセージはなんて書いてあるのでしょう??
最後は褒めているようだけど??
小鉄さん、わかります?

resize0962_1.jpg

・・・無理ですよね。
スポンサーサイト
小鉄紐食い事件。
2009.05.21(Thu)
ちょっと話は遡るのだけど。
あおちゃんの悲しい出来事にたたみかけるように
我が家で紐食い事件が起こったのだった。

それはいつものバードウォッチングから始まった。

resize0953.jpg

こんな感じで穏やかな午後を過ごしていたのだ。
小鉄が網戸の外側にモップの先の部分と見られる紐を発見するまでは。

すかさず小鉄くん、その紐を内側に引きずり込むことに成功し、
あっちでばしばし、こっちでばしばし、ひとしきり紐と格闘したのだった。

で。
突然静かになった。

で。
嫌な予感。

気づいた時にはあむあむやっている小鉄の口から紐がたら~んと。

慌てて紐の端をつかんだのだが、「やばい!奪われる!」と
変な危機感を感じた小鉄は一気に紐を飲み込んでしまった・・・。

どうするのよ、小鉄ぅ。
紐、10cm以上はあったよ~・・・。しかもモップの先だから太いし。
なんだってこう、次から次へと・・・。

猫が紐を食べると、胃に詰まったり、腸にからんだり。
開腹手術で取り出すことも少なくない。
吐き出させようと塩水を飲ませてみたりしたが、効果なし。
悩んだ結果、病院に電話することにした。

受付のKarenはとても優しいおばさんで、この時も、葵のことを覚えていて
「気分はよくなった?大丈夫?」と気遣ってくれた。うぅ。ありがとう。
しかし、我が家にはまだ暴れん坊がいるのですよぅ。

ドクターの返事は
「その長さなら shouldn't be a problem。
取り敢えずウンチで出るのを待って、もし何かあればまた連絡するように」
とのことだった。ほっ。よかった。

結局その日はやはり紐が少し詰まったのかウンチは出ず。
で、気が気じゃない翌日、なんとか無事に排出されたのであった。
が、やっぱり人間の心配をよそに、小鉄はこんななのであった。

resize0956.jpg
小鉄流血事件。
2009.05.18(Mon)
ちょっと話は遡るのだけれど。
あおちゃんの悲しい出来事にたたみかけるように
我が家で流血事件が起きたのだった。

resize0946.jpg
resize0945.jpg

白いソファーに、鮮やかな赤い染み。
これは、血ですね!?血ですよ!
しかも結構な量。

さっそく仕事中のダンナにメールして聞いてみると
「僕じゃないよ。小鉄に聞いてみて。」とのこと。
なので、寝ている小鉄に聞いてみた。

そうしたら。

なんじゃ、こりゃー!
に、肉球から出血・・・というより流血。
肘の近くにぽつんと一つ離れた肉球。そこから血が。

おーい、小鉄よ。どうしたらそんな所が傷つくんだい・・・?

こういう時は、まずググろう。
えーと、ナニナニ・・・・出血が止まれば心配なし・・・
マキロンで消毒・・・――無理。

なので、こちら。

resize0948.jpg

動物用のFirst aid spray、Pet Solution RX。
100%ナチュラルなので安心して使えます。
これをコットンに染みこませてちょいちょい。
気づかれると舐め取られてしまうので、寝てる隙にこっそり。

これが効いたのか、それとも若さゆえの治癒能力か、こんな感じに。

resize0944.jpg

ほっ。かさぶた状になった・・・。膿んでもいないし、もう大丈夫かな?

ん!?あれ?気づいちゃいました?
そうなんです、他のロシアンブルーと同じように小鉄の肉球も小豆色で。
えへっ。

それはともかく。
どこで何をしてこうなったのか結局わからなかったけれど、
あまり心配はさせないでね、小鉄くん。

resize0947.jpg
痛くないから、平気。気にするなよ、なっ。
もうお兄さんだから。
2009.05.14(Thu)
小鉄とタイちゃんの関係は如何に??
ということで、観察中。←暇人

タイちゃんが大泣きすると、周りをうろちょろし始める小鉄。
う~ん、お兄さんな気分??

resize0938_1.jpg

遊んでれば見守ってるし。

resize0936.jpg

resize0937_1.jpg

おお!頼もしい。
引き続きお願いします、隊長!
と、思ったら。

resize0935_1.jpg

ま~、しょーがないよね~。
タイちゃん寝てるの気持ちよさそうだから眠くなっちゃうよね。
わかるよ。
よし、本日はこれまで!お勤めご苦労!

resize0939_1.jpg

そしてまた、2人で仲良くお昼寝に突入するのであった。

えーと。
お兄さんっていうより、やっぱり同列かなぁ・・・。
頑張れ、小鉄・・・。
お昼寝友達。
2009.05.12(Tue)
最近の小鉄はとっても寂しがり。
なので、お昼寝も誰かの側じゃないと落ち着かないらしい。

resize0932.jpg

誰か=タイちゃん

だって、私は小鉄と一緒にぐーすか出来るほど暇じゃないのよぅ。
優雅にお昼寝できるのは我が家では君達2人くらいのものですから。

resize0934.jpg

ぐ~~

resize0931.jpg

ぐ~~

resize0933.jpg

あ、起きた?

寝る子は育つといいますから。
2人で仲良く大きくなってね~。
母の日。
2009.05.10(Sun)
突然、花束が届いた。

resize0927.jpg

カードにはタイちゃんからの「ありがとう」メッセージが。

―――そうか、母の日だ!今年からは私も送られる側になったんだ。
気づかなかったよ~。

送り主はもちろんダンナさんだけども
まったく予期していなかったのでとっても嬉しかった

これからも、お世話頑張るよ、タイちゃん。

resize0923.jpg

それから、小鉄くん、それ、私のだからね。
いたずらしないでよー。

resize0926_1.jpg
その頃、小鉄は。
2009.05.07(Thu)
あおちゃんのことですっかり忘れそうになっていたが
我が家にはもう1匹、小鉄くんがいたのだった。(すまん)

動かなくなったあおちゃんを腕に抱え、家を出る時、
それまで散々あおちゃんをくんかくんか嗅ぎ回っていた小鉄は
ドアに体当たりしてきた。
しかも結構な勢いで。

そして「なんで僕だけ置いてくの!」とばかりに「ニャー」と雄たけび。
彼は彼なりに、何か異変を感じていたに違いない。

だけど正直言うと
あおちゃんのことなどすぐに忘れてしまうんだろうな、と思っていた。
一緒にいたのも1年半と短いし、嫌われてたし。

ところがところが。
なんと、小鉄くん、あおちゃんがいない初日、ご飯が食べれないという
快挙(!?)を見せた。
その上、家じゅう、あおちゃんを探し回った。
あおちゃんのいそうな所は全部。
ベッドの下も、あおちゃんマンションも覗き込んで。
コレは意外だった。

しかも、それから数日、ドアの前に居座って鳴き叫び
葵の帰りを待つという、殊勝な姿も見せた。
その鳴き声は紫を探して鳴いた葵の声とそっくりだった・・・。

resize0909.jpg
僕だって寂しかったんだよ、ずっと。

思えば、道で拾われてから初めて落ち着いた場所で
出会った大人の猫があおちゃんなのだった。
あまり相手にはしてもらえなかったけど、
小鉄にとってはお母さんみたいな存在だったのかもしれない。
嫌がられても嫌がられても後ろをくっついていって。

そんな大きな存在がなくなって小鉄はすっかり甘えん坊になった。
私の側にくっついてくるようになった。
なでるとすぐ噛み付いて来たのに、今はなでると嬉しそう。
そんな変化が愛おしくて、ちょっと切ない。

2週間以上経った今も、
突然小鉄が何かに反応してベッドルームに飛んでいくことがある。
ついていくと、たいていあおちゃんマンションのあった洋服だなを見つめ
立ちつくしている。
あれ、あおちゃんが今遊びに来たのかな?ってそういう時、思う。

こんな風に。
小鉄も、わからないながら現実を受け入れようと頑張っている。

だけど今はバードウォッチング中で、しっぽぶんぶんです。

resize0910.jpg
Tribute to Aoi & Murasaki
2009.05.05(Tue)
あおちゃんの思い出をたどりながら写真を整理してると。
いつでも横にいるのが紫。いつもいつも。
こんなに仲のいい姉妹もなかなかいないんじゃないかって
こんなに仲が良かったんだよなって、改めて思う。

だから、葵の思い出を、と思ったけど、この2匹は離しちゃいけない気がして
葵と紫、2匹の思い出を書き留めることにした。

resize0896.jpg

2匹は姉が友人から貰い受けた猫。
9月2日に生まれてからずーっと一緒の2匹。
葵と紫は「源氏物語」からお姫様の名前をもらった。
素敵なレディになりますように・・・。

resize0895.jpg

どこに行くにも2匹一緒。
病院に行く時だって、一つのキャリーに一緒に入らないと不安で大鳴き。
でも、そろそろきついんじゃないの??

resize0894.jpg

お散歩も行ったね。
お外は怖いね。くっついてないと!
紫の方がビビリなので、怖くて口が開きっぱなし・・・。

resize0897.jpg

resize0899.jpg

寝る時はもちろん。
冬は特に、隣にいるとあったかいよね。

resize0898.jpg

NYに一緒にやってきたね。
貨物で来たから寒いし、別々のケージで寂しくて
引き取りに行って名前を呼んだら2匹ですぐ返事をしたね。
よほど怖かったのか、しばらく飛行機の音を聞くとおびえてた。
ごめんね、つらい思いをさせて。

resize0904.jpg

resize0903.jpg

あおちゃんはとうとう1回も小鉄にはグルーミングしてあげなかった。
むーちゃんには嫌がられるほどやってあげてたのに。
時々私の頭もグルーミングしてくれたね。
髪が長いから「アグアグ」ってなって、大変だからいいよ、って言ったけど
それでもいつもしてくれた。ありがとう。

こんなに仲がよかった2匹が、紫の死で別れ別れになってしまって。
どれだけ葵はつらかったのだろう。
なのに、それから3年近くも。
側にいてくれて本当にありがとう。

今はまた、むーちゃんと寄り添っているだろうね。
やっと会えて、ほっとしてるのかな?

2匹は私にとって初めての猫。
かわいくて、優しくて、いい子で、猫と暮らす楽しさを教えてくれた。
こんなにいい子達と10年以上も一緒にいられて、私は幸せ者。
一緒に過ごした時間、ぜったいに忘れないよ。

またいつか会える日まで。
2匹で遊びながら、日向ぼっこしながら、待っていてね。
もう、寂しくないね。あおちゃんも、むーちゃんも。
これからずーっと2匹、一緒にいられるから・・・・。

resize0901.jpg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。