スポンサーサイト
--.--.--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2度目の痙攣
2008.12.02(Tue)
妊娠後期で胸焼けに悩まされている。
喉元が熱くなって吐き気がするのでリビングで横になる毎日である。

今日も朝から具合がよろしくなく、リビングのソファーに横になっていた。
すると、葵がトイレに入ったのがわかる。
うとうとしながら、あ、この長さならおしっこかな?なんて考えていた。

直後。
砂をかける音が普段と違うことに気づく。
これは。

一気に目が覚めてトイレに直行する。
案の定、葵はトイレの中で横になったままくるくると回っていた。
7月の時と一緒だ!目と口を全開にして、しっぽを思い切り膨らまして。

トイレの中なので、二次的な怪我はない。
だから私に出来ることといえば見守ることだけ。
止まって、止まって!と祈りながら見守ることだけ。
葵のわき腹をさすりながら、痙攣が終わるのを待つ。

前回より、時間的には短かった気がする。
葵の意識もあるようだった。
くるくる回りながら口に入る猫砂を吐き出そうとしていたから。
猫砂が麦でよかった。目にもいっぱい入ってしまった砂、
鉱物系だったら目を痛めてしまっただろう。

痙攣の後は自分でも心細いのか、私のそばを離れようとしない。
いつもはベッドルームの「あおちゃんマンション」でお昼寝の時間だけど
今はリビングの、さっきまで私が寝ていたソファで丸くなっている。
砂だらけの体も綺麗にしたし、耳の中に入った砂も見えるだけは取った。
今日はこのままゆっくり寝て体を休めてくれるといい。

本当は今回「葵の時間」というタイトルで、
年をとってからゆっくりゆっくり過ぎていく葵の毎日を書くつもりだった。
せわしい日常の中で時間の流れに逆らうようにまったりと過ごす
葵の生活を書く予定だったのに。

神様、まだです。
まだ葵を連れて行かないでね。


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。