スポンサーサイト
--.--.--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
自分の病院も。
2008.08.29(Fri)
葵の発作で病院を駆けずり回っていたのだが、
その間、自分の病院も駆けずり回っていたきゃむである。

何せ高齢出産のカテゴリーにばっちり入っているので
当たり前のように羊水検査を受け、
その後は「Level 2 sono」とかいう、脳や心臓の機能を調べる超音波検診も受けた。

羊水検査は、日本では賛否両論あるみたいだけど、
主治医の先生(イスラエル人)が
「羊水検査は受けときなさい。大体がネガティブだから、
安心して今後のマタニティライフを送るためにね」と
言っていたのと、もしポジティブだったとしても、その結果を受けとめて
生まれてくる子を迎えよう、とダンナと話し合って、受けた。

結果は問題なし。
そして、羊水検査は染色体検査なので、当然、性別もわかる。

なんと・・・・。

男の子ですよ~♪
超音波検査では、検査技師の人が足の間にあるちいさい物体を
「ほら~、男の子の証明よ」と言って見せてくれ、
おまけに矢印付で「BOY」と書き込んだ超音波写真を2枚もくれた・・・。
―――ども、ありがと。

そんなわけで、まだ名前も決まっていないちび太は順調に成長していて
来年1月にきゃむ家の一員となってお出ましである。
小鉄はどんな反応をするんだろうなァ。
また、ぼちぼちと猫の記事の合間に報告したいな、と思っております。

resize0003.jpg

今日もカメラ目線ばっちりな葵さん
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。