スポンサーサイト
--.--.--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
自分の病院も。
2008.08.29(Fri)
葵の発作で病院を駆けずり回っていたのだが、
その間、自分の病院も駆けずり回っていたきゃむである。

何せ高齢出産のカテゴリーにばっちり入っているので
当たり前のように羊水検査を受け、
その後は「Level 2 sono」とかいう、脳や心臓の機能を調べる超音波検診も受けた。

羊水検査は、日本では賛否両論あるみたいだけど、
主治医の先生(イスラエル人)が
「羊水検査は受けときなさい。大体がネガティブだから、
安心して今後のマタニティライフを送るためにね」と
言っていたのと、もしポジティブだったとしても、その結果を受けとめて
生まれてくる子を迎えよう、とダンナと話し合って、受けた。

結果は問題なし。
そして、羊水検査は染色体検査なので、当然、性別もわかる。

なんと・・・・。

男の子ですよ~♪
超音波検査では、検査技師の人が足の間にあるちいさい物体を
「ほら~、男の子の証明よ」と言って見せてくれ、
おまけに矢印付で「BOY」と書き込んだ超音波写真を2枚もくれた・・・。
―――ども、ありがと。

そんなわけで、まだ名前も決まっていないちび太は順調に成長していて
来年1月にきゃむ家の一員となってお出ましである。
小鉄はどんな反応をするんだろうなァ。
また、ぼちぼちと猫の記事の合間に報告したいな、と思っております。

resize0003.jpg

今日もカメラ目線ばっちりな葵さん
スポンサーサイト
高血圧のお薬 & 血液検査結果のまとめ。
2008.08.25(Mon)
葵の高血圧治療が始まったので、その事をちょっと。

お薬の名前は「Amlodipine」(アムロジピン)という錠剤。
一日に一度あげるのだけど、1錠の4分の1が一回分なので
ひじょ~に小さい。
ので、ご飯でコーティングして「はい」って目の前に出すと
「うん?ご飯なの?」って感じでついつい食べる葵。
投薬はかなり楽である

このアムロジピンは「カルシウム拮抗剤」というらしい。
カルシウムが血管の筋肉に入ると硬くなり血圧が上がるのだが、
それをブロックするんだって。
プラス、脳や腎臓など体中の血流を改善する効果も。

ん?ってことは腎臓病にもいいんじゃないの?
と思ったら、やっぱり腎臓病のお薬として出されているケースもあった。
副作用もほとんどない。あるとしたら頭痛かな。あと、便秘。

確かに、薬をあげ始めてからあおちゃんのうんPのキレが悪くなったなぁ。

それで、さっそく、便通をよくするため猫草を定期的に与えることにした。

resize0021.jpg

今日の猫草はユニオンスクエアのグリーンマーケットで
Getしたオーガニックですよ~。
見るからに新鮮だったから、二人とも大興奮!

ちなみに。
主な血液検査結果の値は―――

BUN 39 (前回 52)   正常値 14-36
CRE 3.0 (前回 2.7) 正常値 0.6-2.4
コレステロール 275 (前回 317)  正常値 75-220
RBC(赤血球) 6.35 (前回 5.85)正常値 5.92-9.93

T4 1.4

前回は 2007/10/28でした。

腎臓はやっぱり徐々に悪くはなってるなー。仕方ないけど・・・。
貧血は改善された。以前、貧血の薬も・・・と先生に言われ
「お薬はもう増やしません。ハーブで直します」って言った手前、ほっとした。

ひとつ気になったのはアミラーゼの値。これも正常値をオーバー。
アミラーゼはすい臓に関係してくるのだけど、他の値(白血球とか)が
正常値内なので一概にすい臓が悪いと言えない感じ。

年を取ると値があがるってこともあるらしいので、取り敢えず今の所は
先生に何も言われてないからいいや、ということにした。

resize0004.jpg

いっつもこのアングルだけど、日付は違うのです(笑)。
来週は葵17回目、小鉄は初めてのバースデーだよ~。
お刺身買ってきてあげるからね!!




昨日の友は、今日の・・・。
2008.08.18(Mon)
ちょっと、画像が暗いのですが。

昨日まで、なんともなかったテレビのリモコン。
なぜか突然知らない物体になっちゃった??
小鉄 VS リモコン。
お楽しみくださーい。

お盆です。
2008.08.15(Fri)
紫が旅立ってから2度目のお盆。

resize1904.jpg

さすがに最近は仕事をしながら急に思い出して涙ぐむ、なんてことはないけど
こうしてお線香をあげてむーちゃんのことを考えると、やっぱり泣けてくる。
そしてそれが、「お盆」だなー、と思う。

この世を旅立ってしまった者が一年に一度帰ってきて、生者と一緒に過ごす。
いつもは日々の忙しさで忘れがちな、去ってしまった命を思い出す。

スバラシイ風習です。

私が紫のことを考えて一番に思い出すのはやっぱり、最後に見た紫の姿。
「だめかも」と言われても諦めきれず、病院にすべてを託した。
面会に行くと、点滴をしながら横たわっていた紫が必死に立ち上がろうとした。
結局、固定された腕が邪魔になって起き上がれなかったけれど。

そして次の日、紫は静かに旅立っていった。

最期の瞬間に一緒にいてあげられなかったことが深い後悔となった。
前日、面会に行った時、どうして連れて帰ってあげなかったんだろうか、って
自分を責め続けた。
だけどね、ダンナがこう言ってくれたの。
何度同じ場面がやってきても、僕達は同じ選択をするよね、って。
もし1%でも助かる望みがあるのなら、治療を止める事はしないだろう、って。

そうだね。
きっと、何度、あの病院での最後の日をやり直しても
点滴を抜いて家に連れ帰ることはしないのだろう。
その時点では、紫が奇跡的に回復して家での治療を始めるものだと
信じて疑わなかったんだから。

だから。
今は、あの最後の場面は、紫のご挨拶だったと思うようにしている。
目も合わせて、か細くだけど鳴いてもくれた。

あれが、紫の最後のご挨拶。
自分も苦しかっただろうに、よく挨拶してくれたね。

ありがとう。

ちゃんとお家、わかったかな?
帰ってきてくれたかな?間違ってこらのらさん家に行ってないかな(笑)?
小鉄と会うのは初めてだね。
あおちゃんも元気に過ごしているよ。

今年は夢の中に出てきてくれると嬉しいな。

resize0915.jpg





もうすっかりお腹の調子がよいので。
2008.08.13(Wed)
ちょっと顔がふっくらしてきたんじゃないのぉ~?

resize1902.jpg

あんなに心配した小鉄のお腹は、大きくなるにつれ問題がなくなってきた。
最近の小鉄のうんPは惚れ惚れする硬さとなっている。

が。
まだ量が多いんだよね。
この子はたぶん、元々胃腸が弱いのだろう。
今も、種類の違うご飯を食べるとお腹を壊すことがある。
うんPの量が多いということは、消化できていないということ。
あまり健康にはよろしくないようなご飯(色々消化できないようなものを混ぜて
かさだけ増やしてるようなやつ)をあげても、うんPの量は増えるのだけど
うちは一応ホリスティック系のご飯をあげてるから、やっぱり消化の問題だろう。
あと一歩だなぁ。

と思っていたんだけど。
最近のふっくらな感じ、これ、栄養が取れてきたんじゃないの?
ほらほら、だって、ちょっと前まで、スキニー自慢だったじゃない?
こんな感じでさ。

resize0757.jpg

ね、やっぱり、顔もちょっとふっくらしてきた?

あー、よかった。
いくらロシアンブルーは細身とはいえ、ちょっと心配してたんだよね。
細すぎじゃないかと思ってたから。

この調子でお腹がどんどんよくなって消化吸収できるようになったら
今度はダイエットの心配が出てくるのかなぁ。
うん、でもその方が、痩せてるよりいいや。

腎臓病でがりがりに痩せてしまった紫のトラウマがあるので、
猫にはふくよかであって欲しいきゃむなのです。



葵のフォローアップ。
2008.08.11(Mon)
2週間後に、と言われていた葵のフォローアップだが
先生の都合で1週間延期、本日となった。

今日のメニューは血圧測定と、薬の量を減らした影響を見るためのT4の検査。

前回のお腹の毛ジョリジョリがよっぽど屈辱的だったのか、
車に乗るなり大抗議が始まった。
あおちゃんがすごいのは「車が動く」=「動かしている人がいる」と
理解しているらしいところで、こういう場合、運転席=ダンナに向かって
後部座席から文句を言う。
「動かしてるのはお前だなっ」てな具合である。

ので、赤信号で止まった時にダンナが振り向くと、怒り心頭のあおちゃんと
ばっちり目が合う結果となり「ふぎゃー」と文句を言われては
「すみません」と謝るはめになる。

ちなみに文句を言うあおちゃんの顔はこんな感じである。

resize1899.jpg

まあ、そんなこんなで病院では早速血圧測定。
今日は目の前でやってくれるというので記念に(?)パチリ。

resize1898.jpg

アシスタントのお姉さんに抱きかかえられ、足に小さな小さなカフをつける。
で、肉球にジェルを塗って線を繋ぐと。

「ドクッ、ドクッ」という音が測定器から聞こえる。
後は人間の血圧測定と同じく、音が聞こえた一番上の値をチェックするのだ。
あ、失敗した。せっかくだから美人先生の顔も写しとけばよかった・・・。
でもほら、このしなやかな手がすでに美人っぽさを匂わせてるでしょう?

さてさて、葵の血圧は155だった。
170bp以下が望ましいのだけど前回は210。
ということで「Perfect!」と、お墨付きをいただいた。
痙攣も、あれからなかったので、今回はこれで大丈夫でしょう、ということだ。
次回の検診は6ヵ月後で構わないって。あら~よかったねぇ、あおちゃん。

T4の結果は明日連絡が来る。まぁ、そちらは心配ないだろう。
とりあえず、ひと安心。痙攣の時はホント気が気じゃなかったんだから~。

家に帰ると、小鉄の熱烈歓迎を受けたあおちゃん。
しばらく病院は行かなくて済むね。
次の検診まで、またのんびりと過ごしてゆこう。

resize1901.jpg
お風呂に入ろう!
2008.08.06(Wed)
先日の検査結果に気をよくし、久しぶりにあおちゃんをお風呂に入れた。

腎臓病だった紫をお風呂に入れた結果、
あまりのストレスに病状が悪化した過去があるので
あおちゃんの入浴は慎重にしている。

バスタブに、葵がすべらないようバスタオルを敷いて
シャワーの音でびっくりしないよう、シャワーヘッドに手ぬぐいを巻く。
そして声をかけながら、手早く、一気に洗い上げる。

今回はあまり抵抗もなく、文句も初めの方だけで大人しく洗われてくれた。
ほっ。よかった・・・。

resize1893.jpg

その頃、小鉄は。
バスルームから葵の悲鳴が聞こえた途端、ドアの外で大騒ぎ。
「葵さん!葵さん!!どうしたのですか!何をされているのですか!!」
と鳴きっぱなし。

葵が落ち着いてからも
「葵さんの無事な姿を見るまでは!」てな感じで
ずーっとドアをカリカリ、うにゃうにゃと騒いでいた。

で、葵をタオル乾燥して、バスルームのドアを開けると。
「葵さーん!」と、小鉄が勢いよく駆け込んできた。
逆に、葵はもちろん一目散にバスルームから退出。

ふふふ。小鉄。自らお風呂に入りに来るとは殊勝なヤツよのう。
あわれ、小鉄はすぐさま抱き上げられ、気づいた時はバスタブの中にイン。

「はっ!ここは!もしやこれはまずい展開では・・・!」
と焦り始めた頃にはすでにシャワシャワーとお湯がかけられていたのだった。

2人ともピカピカになりました♪

resize1895.jpg
resize1896.jpg

えーと。葵さん。ちょっとご立腹??

resize1897.jpg

夜になるまでには2人ともすっかり毛が乾いていたから、
ちょうどいい気温だったのかな?
今日お風呂に入れてよかった~。
Brooklyn Cyclones
2008.08.05(Tue)
本日はBrooklyn Cyclonesの試合を見に、コニーアイランドへ。

resize0790.jpg

平日だからガラガラだろう思ったら、すごい観客数でびっくり!
なんと今日はマイナーにおけるSubway Series。
Brooklyn Cyclones とStaten Island Yankees、
MetsとYankeesの2軍対決だったのだ。
ダンナに連れて来られただけの私はそんなことすら知らなかった・・。
かつてはカズオ・マツイもここでプレーをしたんだなぁ。

マイナーの試合を見るのは初めてなのだけど、
メジャーと違って選手とも近く、草野球を立派にした雰囲気で
とっても楽しかった。

Fun 002

もちろん球場の横は海なので、眺めもすばらしい。

resize0792.jpg

選手交代などで少しでも時間が空くと、突然寸劇が始まったり
ミスブルックリンが紹介されたり、
Tshirts Toss(いろんなスポンサーからのTシャツをばらまく)が
何度もあったり、野球以外のイベントも盛りだくさん。
っていうか、そのイベントの方が盛り上がってゲーム見逃すことも

試合が進むにしたがって観客のテンションも上がって行き、最後の方は
球場全体が大騒ぎ!お祭りっぽくて楽しかったよぅ。

金曜日の夜は試合が終わると花火を打ち上げるそうですよ。
ここから、未来のスターが生まれるかも・・・・。
家からも近いし、これからちょくちょく遊びに来ようっと。

ノラ居候日記 ~最終章~ その時、小鉄は・・・
2008.08.04(Mon)
とうとうその日がやって来た。
こらのらさんがノラを引き取る日が。

こらのらさんが、2人の仲良しな所を見たいと言うので
しばらく我が家で猫達を見守りながら過ごす。
これでお別れになるというのに、そんなこと知らない猫達は無邪気に遊んでいる。
ううっ、なんか心が痛いよぉ。

そうして、いよいよお別れの時間。
猫を取りに来たのにキャリーバッグを持参するのを忘れたという
ちょっとおボケなこらのらさんの為にうちのバッグを貸し、ノラを入れた。

するとね。
ノラは悲しげに鳴き始めるし、小鉄はバッグの周りをうろうろし始めるし
なんかちょっとほろっと来てしまう状況になってしまった。

そうしてノラがドアに向かうと、小鉄は。

resize0787.jpg

近寄ることも出来ず、バッグの行方を目で追っている。
ご、ごめんよ~、小鉄・・・きゃむにはどうにもできないのだよ。
無力な私を許しておくれ~(号泣)。

そして、車の中でも悲しげな声で鳴き続けるノラを無事に送り届けた後、
家に戻って来ると。
バッグの中に頭を突っ込んで、必死にノラを探す小鉄・・・。

resize0788.jpg

小鉄!このつらさを乗り越えてこそ、オトコだ!!泣くでない!
別れを経験するごとにオトコの魅力に磨きがかかっていくのだぞ!

その夜。
ノラがいなくなって退屈になった小鉄は
「退屈~!退屈~!退屈~!!」と鳴き叫び、人間たちの眠りをがっつり妨げた。
そして、罪悪感でいっぱいの私はその度に飛び起きて
ノラ嬢の代わりに小鉄の相手をさせていただくのだった・・・。

ちなみに私は。
寝ながら、ノラと間違えて、
なんとなく毛質の似ているダンナの短髪を一生懸命なで続けていたのだった。

あぁ、ノラ、かわいかった・・・。


ノラ居候日記 ~最終日~
2008.08.01(Fri)
いよいよ、明日、こらのらさんがノラをお迎えに来ることになった。
そんなことは露知らず、本日も小鉄はノラ姉ちゃんにぺったり。

resize0777.jpg

そうかぁ、最終日かぁ。
最初はどうなることかと思ったけど、異例のスピードで仲良しになった2人。
寂しくなるね、小鉄。

そんなこんなでノラの写真を撮りまくっていると。

resize0779.jpg

おや、この構図。見覚えがあるぞ。

resize0776.jpg

これこれ
格好といい、目のトロトロ加減といい、そっくりじゃないの。
この写真は記念に並べて飾っておこうっと。

寂しいのは小鉄じゃなくて私だったりして。
また遊びに来てね、ノラ。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。