スポンサーサイト
--.--.--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
病院に行こう!(2)
2008.04.22(Tue)
葵、超緊張。
私の脇の下に顔を突っ込み、
「ここから絶対出ないんだからね!ね!」と無言の主張。
しかし、かるーく先生に体をひっくり返され、顔をつかまれる。

「おやまぁ!この子はずいぶんとかわいらしい顔をしているねぇ。」
うん、そうでしょう、そうでしょう。←親ばか
「この柄はPastel ~~(すんません、大事なとこ聞き取れず)っていうんだよ。
普通はもっと色が濃くてね。それをブリーチした感じだね。面白いねぇ。」

ここで一旦顔を放すと、その隙に葵が私を振り返り
「ふみゃー」(=ちょっと、この男、何やってんのよ。私に!)
と文句を言う。
これに先生が大受け。
「言いつけてるのか~?そうだよ、文句は彼らに言うんだよ。
 僕は何も悪いことしてないんだからねー。」
ってさー、こんな所で笑いを取らなくてもいいと思うんですけど、葵さん。

そんなこんなで無事診察は終了。
触診などでは特に問題なく、健康!のお墨付きをもらったのだけど、
先生に「The complaining cat!」と呼ばれた葵は待合室でも大騒ぎ。

周りの人達に、
「あれ、文句言ってるよ、この子。」
「もう、終わったのよ。おうち帰れるから、ね?」
なんて声をかけられ。

結局のところ、マンハッタンだろうがブルックリンだろうが、
疲れてしまった人間2人だった・・・。

血液検査結果は後日。
この病院は「Senior Program」というのがあり、
血液検査、診察あわせて$200ポッキリ!
プラス血圧測定$35で、合計$235なり。
ちなみに、マンハッタンの病院で同じことをすると
$400コースなので半額で済みました
しばらくここに通ってみます。

~新情報~
タブレットが駄目な葵に、先生が勧めてくれたのは
「Transdermal」なお薬。直訳すると、皮膚に塗って血液に浸透させる薬。
耳に塗るみたい。甲状腺の薬にもこのタイプがあって、先生曰く「超簡単」。
とりあえず血圧の薬で試してみて、
よさそうなら甲状腺のお薬もその形にしてもらおうかな。
医学は日々進んでますね!
resize0571.jpg

おうちがイチバン
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。