スポンサーサイト
--.--.--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ペットショップにて
2008.02.18(Mon)
本日のサービスショット
今日も美人な葵姫
resize1693.jpg

今日もハンサムな小鉄王子
resize1685.jpg

ホリスティックに目覚めてからというもの、よくペットショップに行く。
Meat-by-productsの入っていない缶詰やら植物性のトイレ砂などを
ゲットするのだけど、最近立て続けに猫オーナーに話しかけられて、
「猫大好き」とか、「猫のことならお答えします」的なコピーが
おでこに貼り付けてあるんじゃないかと疑う今日この頃なのだ。

先日は猫砂について、おばさんから質問を受けた。
「ねぇ、あなた植物の砂持ってるけど、それどうなの?他のとどう違うの?」

これについては特に考えはない。猫は体を舐めるので植物性がいいかな、
と思っただけ。鉱物性はよく固まるし、実際のところ、葵も紫も15年以上その砂
で問題なかったから、単に好みの問題。

おばさんは去年、18歳の猫を亡くしたらしい。
ずっと悲しんでいたんだけど、「It's about time」ということで、
7歳と8歳の2匹の猫を最近アニマルレスキューからアダプトしたんだって。

一匹は歯が全部なく虐待されてた可能性があって。
「なかなかなついてくれないの、ずっと隠れていてね」と言いながらも、
可愛くて仕方ないようで、その後も「どのご飯がいいかしら。
添加物とか入ってないのがいいわよね」なんて楽しそうに買い物を続けていた。
虐待されていた猫ちゃんも、こんな優しそうなおばさんと第2の人生(猫生?)を
過ごせてよかったな、とほんわかと思う。

→ read more
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。