スポンサーサイト
--.--.--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
小鉄の乳歯が抜けました。
2008.01.31(Thu)
ソファーを掃除していたら見慣れない物体を発見。

resize0377.jpg

よーく見ると、血がついている。
ということは。
これは。

歯。しかも、3本に見えるけど、一本だったのね、な奥歯では??

ということは。
これは。

小鉄のニューシ!

小鉄、こうして君はどんどん大人になってゆくのね・・・。
嬉しいような、悲しいような。

なんて思ってる目の前で。

resize0124II.jpg

・・・大人はもう少し先かな。
スポンサーサイト
たまには真面目に病気のお話で。 (甲状腺亢進症)
2008.01.29(Tue)
以前書いたけど、葵は「甲状腺亢進症」だ。
発見されたのが2004年。
心無い(=金の無い)飼い主(=きゃむ)に放置されること3年。
↑本当にすまん

正確に投薬を始めたのは2007年であった。

12/6/2006の血液検査結果

正常値外のもの

―Glucose 186
―Urea Nitrogen (尿素窒素) 42
―ALT 216
―Bun/Creatinine 42
―WBC (白血球) 24.6
―T4  11.7 (!!) *正常値=0.8~4.0 (検査機関により異なる)

いくら無知だったからといって、よく放置し続けたな・・・。
きっとつらかったろうに・・・ごめんよォ。

そして、メチマゾール 1ml x 2/日 がスタート!

最初はタブレットだったのだけど、葵さんのタブレット吐き出し芸が
あまりに上達したため、液体に切り替え。
シリンジでチューッと飲ませます。今ではものの10秒

で、一ヶ月半後の血液検査はというと―――
 
→ read more
口の締まりが??
2008.01.29(Tue)
小鉄、ベロ。
resize0147.jpg

ベロ、出てるよ。

resize0095.jpg

ベロ、出てるってば。

resize0132.jpg

きゃわいいけども。猫として、それはどうなの??


葵の毛並はふかふかなので。
2008.01.28(Mon)
こーんなことや、
resize1666.jpg
あーんなことや、
resize0084.jpg

そーんなことまでしてしまう、
resize0376.jpg

よっぽど気持ちいいんだろうね、あおちゃんの毛。
resize0112.jpg
ねこ鍋に挑戦
2008.01.26(Sat)
あおちゃんはどうにも2人用土鍋には収まらないので、
ここはひとつ、小鉄選手に挑戦してもらおう。

マニュアル通りに。

1.土鍋を用意する

resize0102.jpg

2.ひたすら待つ (無理強いはしない)

すると・・・・・

resize0103.jpg


――失敗。

なかなか難しい。

果たして小鉄はロシアンブルーか
2008.01.25(Fri)
会社で小鉄の自慢をしまくっていたら、
「この子、ロシアンブルーじゃないの!?」
と言われた。

ロシアンブルーとはなんぞや?
さっそくググる。と―――これは!

まんま、小鉄じゃーん

だって、ダブルコートだしー、 ←受け売り
ロシアンスマイルしてるしー、 ←受け売り
鼻筋だって高くて、横から見ると段差ないもーん。←やっぱり受け売り

そっか。じゃ、宣言しておこう!

宅の小鉄はロシアンブルーちゃんざます。

なお、ロシアンブルーが果たして道で拾えるものかどうか、という点に関しては
いまだ調査中であり、苦情・質問は一切受け付けませんので、あしからず。

resize0089.jpg

小鉄、小鉄、お高い(かもしれない)猫は、そんな顔しないの!

resize0090.jpg

クリネックス・ファミリーサイズ、ぴったり。
小鉄のおなか
2008.01.24(Thu)
小鉄のうんちが緩い。

下痢というほどでもないんだけど、
ウチに来てから一度もカチカチうんちは見たことがない。

ネットで検索してみると、結構皆同じ悩みを抱えてるみたい。
よーし、片っ端から試してみよう!

寄生虫の検査は2種類やったけど、ネガティブ。
念の為の虫下しも飲んだけど、相変わらずヤワヤワうんち。
そうなると、消化かなぁ・・・。
それとも、ごはんアレルギーがあるのかな・・・?

悩んだ挙句、Whiskersに行くことにした。
マンハッタンにあるこのホリスティックのお店では、獣医師ではないけど
限りなく獣医師に近い(っていうか、何者かは正直わからん)人達が
相談にのってくれる。

小鉄の症状を話すと、手渡されたのは「Probiotic」だった。
→ read more
お薬のことなどを・・・
2008.01.23(Wed)
resize0416.jpg
あおちゃん(葵)は16歳なので、それはまぁ、色々とある。

2、3年前に一度病院に連れて行ったら「甲状腺亢進症」と言われた。
けれど、その時は私もまだ就職したばかりで、
診察料の$95を支払うだけでもひーひー言っていたので、
血液検査やら薬代を合わせて$500以上の出費はとても痛かった。

ので、元気そうに見えたし、そのまま放置することにした。

すべてはアメリカのバカ高い医療費のせいなのです。
誤解しないでね、葵さん。

しかし、元気に見えるからといって、必ずしも元気ではないのが猫。
それを教えてくれたのが紫だった。
1年ちょい前、その1週間前まで元気に飛んだり跳ねたりしていた紫が
突然ご飯を食べなくなり、そしてあっけなく死んでしまった。腎不全だった。

この一件で、猫とは我慢する生き物なのだと初めて知る。
紫の二の舞はさせるもんか。ということで、葵をすぐ、検査に連れて行くと――
→ read more
それでも一緒にいたい
2008.01.22(Tue)
嫌われても。
威嚇されても。
猫パンチされても。

葵ねーちゃんと一緒にいたい。

resize0066.jpg

小鉄、ちょっとそれは近づきすぎてるんじゃないかな。

resize0067.jpg

ほら、気づかれた!

resize0068.jpg

・・・また怒られた。

なかなか気持ちは通じないね。残念。

resize0107.jpg

すみません、葵さん。
どうにか仲良くやってくれませんかねぇ。
小鉄、それ程悪いヤツじゃないんです。

*なお、ソファーの上にカバー代わりに敷いてあるシーツの乱れは、
小鉄坊の仕業です。いつもはこれ程乱れておりませんので。
(どうでもいい事かもしれないけど、言い訳させといてください)

家庭内ストーカー
2008.01.21(Mon)
どうやら、ウチにはストーカーがいるらしいのだ。
被害者は、葵さん。
ちょっと様子を見てみましょう。

resize0051.jpg


お、葵さん、こいつですね!むむっ、この背中・・・まさか!!

resize0053.jpg


またいるぞ。おや、この横顔は・・・。

あっ!葵さん、危ない!resize0420i.jpg


resize0072.jpg


やはり、犯人はおまえか・・・。
葵ねーちゃんが大好きなのはわかるけど、
あんまりしつこく追い回すと嫌われるよ。
まだまだ女心がわかってないのね。
小鉄がウチの子になった日 (後編)
2008.01.19(Sat)
小鉄と電車に揺られながら、葵のことを考えていた。

仲良くできるかな。

葵は生まれた時から姉妹猫と暮らしてきたんだから、共同生活は慣れてる。
のほほんと育ってきたから、神経質には程遠い。

大丈夫じゃないかな。大丈夫だといいな。

その頃、葵姫は―――

resize0006.jpg

ちょっと、私のご飯、忘れてないでしょうねっ

なかなか帰ってこないきゃむに、少々ご立腹であった。
→ read more
小鉄がウチの子になった日 (前編)
2008.01.18(Fri)
少し話は遡って2007年10月24日。
小鉄は我が家にやってきたのだった。

その日の昼間、友達からEメールが届いた。題名は「里親募集中」。

resize0005.jpg

「かわいい女の子です。ミィミィ鳴くので名前はミィーナちゃんです」

女の子でこの毛色!一瞬、紫が天国から帰ってきたのかと思った・・・。
見るだけね、見るだけ。
自分に言い聞かせて、仕事帰り、子猫に会いに行った。
そしたら、やっぱり「見るだけ」では済まなくて。「お持ち帰り」になっちゃった。

だってかわいかったんだもーん 

しかし、ウチには麗しの先住猫、葵さま(16歳)がいらっしゃる。ダンナに、引き取ってもいい?と電話で聞くと、「俺より、あおちゃんと相談して」と言われてしまった。
ごもっともでございます。
→ read more
初交通事故!
2008.01.16(Wed)
土曜の夜、NJにある友達夫婦の家に招待され、すき焼きパーティ
とても楽しい時間を過ごして、帰りはブルックリンまで車で送ってもらうことになったのでした。

そしてその時、事件は起こった―――!

私はうとうとしていたのだけど、車内のざわめきでふと目を覚ますと目の前に「NYPD」の青いロゴが!!と、思ったら衝撃

ぶつかりましたよ、これは。ぶつかりましたね!?

私達は3車線ある高速の真ん中のレーンを走っていた、左のレーンを走っていた3台くらい前の車が急ブレーキ。そして玉突き。それを避けようとしたNYPDが右にハンドルを切り、私達の車に当たったらしい。

運よく右端のレーンを走っている車がいなかったので、大きな被害にはならなくて助かった

しかし、あり得ないぞ、NYPD。市民を守るはずの君達が何故に私達に!く、首が痛い!

その後はAmbulanceでERへ。ERといいつつも、NYのERは全然救急じゃないので、結局3時間も待たされ、くたくた。レントゲンを撮り、骨には異常はないということで撤収したけど、首と肩の痛みは増すばかり・・・・。とほほほ・・・。

その日、家に着いたのは朝6時過ぎでした。長い夜だったなぁ。

始まり始まり。
2008.01.12(Sat)
2006年12月3日。
長年連れ添った猫、紫がお星様になった。享年15歳。

私もダンナも、そして姉妹猫、葵(同じく当時15歳)も
それはそれはつらくて。
特に葵の意気消沈ぶりは、見ていて可哀想だった。

だけど、それから1年が過ぎようかという頃――
突然そいつはやって来たのだった!

その名も。

小鉄。

酔っ払って帰ってきたダンナにより、いいかげんに命名。
resize0026.jpg
resize0027.jpg
そこは「ゴミ箱」といって、君の遊び場ではありませんよ

むーちゃんがいなくなってから1年。また賑やかな毎日が訪れました。
葵と小鉄。2匹と2人でのんびり、まったり暮らしていこうね。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。