スポンサーサイト
--.--.--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ご無沙汰の間に 2。
2009.02.06(Fri)
葵の抜歯をした。
葵は「FORL」という歯の病気で治療法は今のところ抜歯のみ。
前回の診察では3本の抜歯が必要、と言われたんだけど。

かなり長いストーリーなのでサマライズしてみました。

<1月23日>

8:00 AM だんなが葵を病院にドロップオフする。

「麻酔を使うにあたって最善を尽くしますが、もし最悪な事態が起きた場合
当方は責任持ちません」というドキュメントにサインしてきた、と複雑な表情。
麻酔を使う時は本当に神頼みだ。こんなことで葵を亡くしたりしたら
悔やんでも悔やみきれないもの。

2:00 PM ドクターから電話が来る。

治療が終了するにしては早すぎる時間なので「まさか・・!」とびくびく。
結局、朝、だんながサインしたドキュメントには「3本抜歯」としてあったけど
チェックしたら5本の抜歯が必要だからその許可が欲しい、ということだった。
様子を聞いたら「She is doing great!」と言うので、5本抜歯を承諾する。

4:30 PM 治療が終了したのでいつ迎えに来てもいい、と連絡が来る。
5:30 PM だんなに葵をピックアップしてもらう。

その夜―――

葵は、食べない、飲まない。
薬は2種類で痛み止めと抗生物質。
痛み止めのタブレットを飲ませると口からアワアワが。
普段あげている血圧の薬もタブレットだが、ご飯にくるんであげているので
食べない葵にタブレットだけ飲ませるという行為にてこずる。

<1月24日>

やはり、食べず飲まず。
食べる意欲はあるようだが、口をもごもごさせて諦めてしまう。
水も同じ。鰹節ですら食べれないようだ。
午後ドクターに電話して「No eat, No drink」と告げると「Oh-oh」と言われる。
・・・正しい反応か?それ。

10:30 AM 葵を連れて病院へ。

口の中をチェックするが、問題なしなので、精神的なストレスらしい。
水分補給の点滴をし、強制給餌をしてくれた。
今日の夜も食べるそぶりがなければ強制給餌を家でもするようa/dをもらう。

そして、その日も結局食べず、水も飲まなかった。

<1月25日>

午後までは前日と一緒だったが夕方ご飯を自分で食べる。
抗生物質の薬がまずいようで、それをあげたらまた水を飲まなくなる。

<1月26日>

結局また食べず飲まずになってしまった。
ドクターに電話すると、すぐ連れてくるよう言われる。
口のチェックをするがまったく問題なし。
とりあえず、Friski や Fancy Feastなどの「ジャンクフード」を試してみなさい、
と勧められる。食いつきがいいらしい。

強制給餌のやり方をもう一度教わる。
なんせ、口に何かが入るのを異常に嫌がるので、うまく口を開けないと
大惨事になってしまうのだ。なにより、葵が苦しそうで、つらい。

かなり強制給餌が上達。その夜はきちんと出来た。
でも水は相変わらず飲まない。

<1月27日>

先生に勧められたFancy Feastを試す。
すると。
がつがつ食べるではないか!さすが!!
何が入っているのか知らんが、すごいぞ!

これをきっかけに、ご飯も食べ、お水も飲むようになった。よかった~。

というわけで(サマリも長かったけど)てんやわんやの数日間が終了した。
今では少し血のにじんでいた口元も綺麗になっている。
そして何より、前より元気になった感じがするのだ。
一時はやらなきゃよかったと悔やんだデンタルだけど、
全部過ぎ去ってみれば、やってよかったってことかな。

放っておいたら2、3年後には後5本追加で抜かなきゃならなかったらしいし、
レントゲンを見ただんなによると、歯はかろうじて形を保っていたけれど
中はスカスカだったんだって。
欠けていた歯もあった。きっと痛かったよね。

しかし、今回のデンタルはかなりのトラウマになったらしく
前以上に病院に行くのを拒むようになってしまった・・・。
次回は半年先だからね、それまではゆっくりしててね、あおちゃん。

resize0805.jpg

お疲れさま。




スポンサーサイト
病院デー。
2008.12.15(Mon)
病院に行ってきた。
葵のチェックアップと、小鉄のワクチン。

新しい病院に行くのは毎回どきどきする。
一応レビューなんかを参考にしていくのだけれど
いい先生だといいなぁ、とか病院の設備はどんな感じかな、とか。

今回の病院は家からも近く、猫専門で、先生も色々勉強してる。
なかなかよい病院でした。

さて、葵の診断はというと。
まず、痙攣に関しては、痙攣の最中におしっこもよだれも流さなかったこと。
痙攣の後にすぐまっすぐ歩き始めたこと、プラス、目に何も異常が見られない。
なので、神経系の検査もちょっと先送りしましょう、という話だった。

それよりも問題なのは「歯」だそうで。
葵は去年歯のクリーニングをしたものの、結構すぐに歯石がついた気がして
クリーニングをしたばかりなのになんで?と、少し疑問だったんだよね。

病名は「Feline Odontoclastic Resorption Lesions」。
略して「FORL」、日本語では「破歯性吸収病変」という病気らしい。
えーと、詳しいコピーも貰ったのだけれど、詳しいことが知りたい方は
自分でググってみてください。←いい加減

この病気は痛いんだって。葵の歯茎はちょっと腫れていた。
「ここをつつくとね、きっと飛び上がるよ。痛いんだよ。」
と言いながら、先生が細い棒みたいのを持ったから
本当につつくのかと思ったよ・・。怖いな、もう。

原因はわからないので、例えきちんと歯磨きをしていてもなるそうだ。
葵は歯を3本抜く必要があるんだって。
痛いんならNo Choiceだよね。麻酔、耐えられるだろうか。

持病の甲状腺は、今回数値を下回ってしまった。
つまり、正常値以下ってこと。
薬(メチマゾール)の量は現在0.5mlを日に2回。
それをしばらく0.3mlまで減らすことになった。なんかどんどんよくなってる!?
血圧も異常なし。甲状腺以外の血液検査の項目もまったく問題なし。
うーん、実に健康だ。

なのになんで痙攣??さっぱりわからん。

一方の小鉄はさらに輪をかけて健康体。
歯はぴっかぴか。耳も綺麗。先生曰く「口の匂いも完璧!」
爪を切ろうとした先生の腕に猫パンチと猫キックをお見舞いし、
「この暴れん坊め!」と褒められて(?)いた。
無事ワクチンも2種類接種。
次回は1年後だね。

今回の診療費は2匹合わせて$462.10でした~。

葵の抜歯はいつにしようかな。

resize0745i.jpg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。