スポンサーサイト
--.--.--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
デンタルクリーニング
2013.03.04(Mon)
ずーっと伸ばし伸ばしになっていた小鉄ちゃんのデンタルクリーニング。
小鉄の通っている病院は2月が「dental month」で20%オフになる。
ので、行ってきた。

予約はすぐに取れたんだけど、ダンナさんに「で、いくら?」と聞かれて
「うーん・・・20%オフだし、$200~300くらいかなぁ??」
と曖昧に答えておく。
ほんとはもう少し安いかな?と思ったんだけど
少し多めに言っておいたほうがいいかなぁ、ってことで。
ほら、後でなんとなく得した気分になるでしょ?

なのに。
あぁ、なのに。

翌日、病院から電話がかかってきて
「実は、カルテを見直したら、小鉄は心雑音があるでしょ?」
はぁ。ありますが。
「それで、ドクターに確認したら、クリーニングの前にウルトラサウンドをしたほうがいいって言うんだけど。ほら、クリーニングは全身麻酔だし。」
はぁ。まぁ、それはしたほうがいいのかもしれませんね。
で、いかほどでしょう。
「えっと・・。クリーニングが$425。それからウルトラサウンドが$550。」
―――はい??
「だから・・・合計で$975??もちろん、クリーニングの際にそれ以外の費用・・・例えば抜歯とかなければ、という話だけど。」

ひぃ~~~~~!!

いかん、それはいけませんぞ!!
二人の幼子をかかえて、我が家は破産宣告をする羽目になってしまうざます!

つーことで。

「いや、もちろん、それがベストなのは重々承知なのですが。
ほんとにシンプルに・・・・払えません、そんなに。」
と言うと。

ま、そーよね~、って感じで「もちろん、クリーニングの前にきちんとチェックするし、やっている最中もモニターで細かく確認しながらやるから。」

ほっ。

「だけどWaiverにはサインしてもらうけどね。」

ぎくっ。

このWaiverというのは「手術中に何かあるかもしれないけど飼い主のアンタがやっていいって言ったんだからね」という確認書である。(かなり乱暴な訳だけど)

ま、仕方がないっす。
がんばれよ~小鉄。

そして。
小鉄は頑張り。
クリーニングだけで抜歯などもなく。
無事に帰ってまいりました~。

もー、めっちゃ心配したよ・・・。
「24時間くらいは麻酔のせいでふらふらします。」
ということだったけど、瞳孔も開きっぱなしだし、尻尾も垂れてるし。
(いつも小鉄はご機嫌直立90度の尻尾なのです)
大変な思いをしたようです。
だけど、歯がぴかぴかになってよかったね☆

resize0267.jpg
抵抗する元気もなし。


スポンサーサイト
明けましておめでとうございます!?
2013.03.02(Sat)
2012年及び2013年。
まとめて。
明けましておめでとうございまーす。

さぁ。
さっそくご報告を。
小鉄のお友達の話からです。
つらい話だけど・・・・。

チャチャママさんのところの柴犬チャチャ。
チャチャママさんの手厚い介護の末、5月19日、この世での一生を全うし虹の橋を渡って行きました。
飼い主さんにとっても愛され、かわいがられた、可愛らしいワンコでした。

そして、カーラ(本名はキャリー)。
ご近所のリサのにゃんこ。
尻尾に大きな腫瘍ができ、重くぶらさがっていたので手術をすることに。
もう高齢にゃんこだったので「Piece by piece、お空に上っていくのよ」
なんて冗談を言ってたんだけど・・・・
結局。
カーラはリサの元に戻って来ることはなかった。
手術中に虹の橋を渡ってしまったんだ・・・。

リサの心中を思うと、ほんとに張り裂けそうで。
どれだけ自分を責めたんだろうか、と。

つい最近、リサに「新しい猫を迎えるつもりはない?」と聞いてみた。
そしたら「私の生涯で、猫はカーラだけ。あんなに寄り添える子にはもう会えない。いいの、それで。」と、目を潤ませながら話してくれた。
一年半以上経つけれど、まだカーラの物を整理できてない、と。

今も、リサの後をワンコのようにぴたっとくっついて
一緒に歩いていくカーラの姿が目に浮かぶ。

チャチャもカーラも、虹の橋で、自由な体になって駆け回っていることだろう。
いつかまた会おうね。

そして。
我が家の暴れん坊は。

resize0275.jpg

5歳です。
相変わらずです。


生粋アビシニアン VS. なんちゃってロシアンブルー
2011.05.06(Fri)
お隣りに、新しい住人が引っ越してきた。
ちょっと年配のおじ様。

しばらく経ったある日、リサが
「ねぇ、あそこの家の窓際に猫がいたんだけど。ちょっと変わった毛色の。」
と言い出した。
えー、猫??私は見たことないけど・・・と言ってた矢先。

こ、これは!!
この麗しいお姿!
アビシニアンちゃんでは!!

そして先日。
外でカーラ(リサの猫)と小鉄を遊ばせていたら。
おじ様がこの話題のアビシニアンちゃんを抱いて出てきたざます!!

頭小さいし、体つきはしなやかだし。
とにかくお美しいお坊ちゃんで。
しかも。
おじ様、2匹、兄弟でアビシニアンを飼ってるんですね。
大人しく抱っこされ、皆と顔合わせをして戻って行きました。
すでに小鉄くんには到底できない芸当です。
抱っこなんてしようものなら。
「離せよぅ。オレ様、自分の足で歩くんだい!!」
と体を無理やり捻り、よじって飛び降りる小鉄くん。

でも、お互い気になるらしく。

resize1604.jpg

外に出ると、一応確認。

resize1605.jpg

何もされてないのに(鳴かれてもいない)「シャーッ」とひと声あげ
そそくさと家に戻る、チキン小鉄。

2対1ですが、たぶん1対1でも同様の反応ではないかと。

・・・弱すぎ。

こうしてまた外遊びのスリルと楽しみが増した小鉄だった。
あんまりからかうなよ~。
葵の命日
2011.04.29(Fri)
4月18日。
2度目の命日です。
時の経つのは本当に早い。
だけどデスクトップの壁紙やら電話の待ち受け画面が葵のままで
しかも葵はカメラ目線が得意だったので
いつも見詰め合っている気がして喪失感が薄れつつある。

resize1594.jpg

あの日は桜が満開だったなぁ。
葵を抱えて病院に急いだ日。
まだ温かかったなぁ。

resize1603.jpg

年を取るごとに目が澄んでいって、このまま仙人になるんじゃないかと思った。
ほんとに。

resize1602.jpg

あおちゃんが使っていたお水入らずのシャンプー、
ご近所のカーラにあげたよ。
なんとなくいろんなものが捨てられなくて、でも少しずつ手放してるよ。
あおちゃんが使ってたお布団も、ついにさよならしてしまった。
取っておいても使う人がいないからさ。
あおちゃんの布団だから。葵しか使う子がいないからね。
それでも変わらず思い出が心にいっぱい。

壁紙を見てタイちゃんが
「あおちゃん!」って言うようになったよ。
ここにいなくても家族の一員だね。
次のベビにも、葵と、そして紫のこと、ちゃんと教えるから。
ずーっと家族だね!
漫才コンビ!?
2011.03.29(Tue)
年明けからこのような楽しい漫才が我が家で繰り広げられております。
(ぶれぶれですが・・・ご容赦ください)

resize1571.jpg

resize1572.jpg

resize1573.jpg

resize1575.jpg

resize1574.jpg

resize1570.jpg

ちゃんちゃん♪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。